Home > スポンサー広告 > 俺が高校生のときの話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 俺が高校生のときの話。

Home > 文章 > 俺が高校生のときの話。

俺が高校生のときの話。

  • 2011-12-29 Thu 18:05:00
  • 文章
714 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/10/31(金) 17:44:33 ID:Ay00ef/y0
俺が高校生のときの話。
次の日学校が休みだったこともあって夜中の2時くらいまで部屋で漫画(ふたりエッチ)を
読んでいたら、いきなり女の叫び声みたいなのが聞こえて金縛りにあった。
金縛りにあうのは初めだったからちょっとテンションがあがって「うっひゃwwこれが金縛りかww」
とか心の中でおもった。
そんなことを思っていると手首になんか冷たい女の手につかまれた感覚があるのに気づいた。
そして耳元では女のうめき声。恐る恐る声のするほうを見ると白い肌の女。
そんときはマジでちびるかと思ったね。

でもなんか女の様子がおかしい。女の顔を見ると何故か顔を赤くしている。
女は俺の手元の漫画(ふたりエッチ)を見ていた。
そして俺の顔に視線を戻したかとおもうと女は顔を赤くしたまま消えていった。

それだけ。わかりにくい文でごめん(´・ω・`)
関連記事

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 文章 > 俺が高校生のときの話。

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。