Home > スポンサー広告 > 同僚二人(♂)が背後で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 同僚二人(♂)が背後で

Home > 文章 > 同僚二人(♂)が背後で

同僚二人(♂)が背後で

  • 2012-01-10 Tue 20:05:00
  • 文章
707 おさかなくわえた名無しさん 2007/03/28(水) 20:00:00 ID:RXBwXnKG
同僚二人(♂)が背後で

「あ、この形が好きなんですよ。でもちょっと太いかな…」
「んな事ねーよ。細い方だろ」
「いや、もう随分してないから、穴が小さくなっちゃってるし」
「とりあえず入れてみれば?」
「はい。あ、病気とか大丈夫ですよね?w」
「バーロー、もってねーよw」
「う~ん…穴の位置がわからない…」
「俺がやってやろうか?」
「いや、自分で…あ、入った…イテテテ、やっぱキツいっすよ」
「ならやめとけよ、血ィ出るぞ」
「いや、慣れれば大丈夫でしょ。穴拡がるまで我慢すれば…」

ピアス試着してた。
関連記事

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 文章 > 同僚二人(♂)が背後で

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。