Home > スポンサー広告 > 哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: -

URL 2012-01-12 Thu 16:05:33

水道水でもええやん

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

Home > 文章 > 哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

  • 2012-01-12 Thu 14:05:00
  • 文章
24 水先案名無い人 2006/12/21(木) 15:34:25 ID:XlHa9gSO0
哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

「この瓶に石を詰めてみよう。…さて、これでもう何も入らないかな?」

学生の一人が手を上げて答えた。「もっと小さな石ならその隙間に入ります。」
教授は頷き、小石を取り出し瓶に詰めた。

「さて、小石でだいぶ隙間が埋まった。これで瓶の容量は一杯かな?」

さらに学生の一人が手を上げた。「砂ならまだ隙間に入ります。」
教授は再び頷き、砂を取り出して瓶に注いだ。

「さて、これで石の隙間は小石と砂で埋まり一杯一杯だ。
 この瓶を人生に例えると、石は家族や友人など生きるに欠かせない大切なものだ。
 小石は、家や車、音楽や映画など人生をより豊かで楽しくしてくれるものだ。
 砂などは取るに足らないくだらないものだ。もし真っ先につまらない砂で人生の瓶を一杯にしてしまったら
 石はもちろん小石も入る隙間のない不毛な人生となってしまう。人生をいかなるもので埋めるべきか、この瓶は教えてくれる。」

と、ここまで話したとき、とある学生が手を上げた。
「教授、その瓶にビールを注げば砂に染み込んでいくのではないでしょうか?」
教授は頷いた。

「人生がいかにつまらないもので満ち満ちていようと、アルコールだけは入る隙間があるということだな。」
関連記事

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: 1

URL 2012-01-12 Thu 16:05:33

水道水でもええやん

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 文章 > 哲学の授業で、教授が人生を一つの瓶に例えた話をした。

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。