Home > スポンサー広告 > アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。

Home > 文章 > アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。

アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。

  • 2012-01-17 Tue 20:05:00
  • 文章
265 名無しさん@七周年 2006/10/14(土) 00:56:33 ID:dnXErCul0
カーネギーか誰だったか、アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。
結果は不採用。
で、面接を終えて部屋を出るときに、床に針が一本落ちてたそうな。彼はそれを拾って机において部屋を出た。
そしたら面接した主人が後を追いかけてきて、「うち働いてくれないか」と引き止めたそうな。
面接の内容より、不採用になったのに、針を拾った行為を主人は評価したんだな。


286 名無しさん@七周年 2006/10/14(土) 00:59:34 ID:ih0C68C90
>>265
いいなそれ。
俺も面接に行くとき針を隠し持って行こう。
関連記事

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 文章 > アメリカの大富豪が若くて貧乏なときに洋服屋の面接にいったそうな。

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。