Home > スポンサー広告 > 俺が小さかった頃体験した実話です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: -

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > 俺が小さかった頃体験した実話です。

Home > 文章 > 俺が小さかった頃体験した実話です。

俺が小さかった頃体験した実話です。

  • 2011-12-25 Sun 22:05:00
  • 文章
217 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 15:06:48 ID:FgqUQmOn0
俺が小さかった頃体験した実話です。

俺は物凄い田舎に住んでいた。学校総出で授業中にワラビを取りにいったほどだ。
前述の理由でワラビを黙々と摘んでいると何の前触れも無しにいきなりベチベチベチベチ!とかいう
授業そっちのけでワラビを採っている最中にはとても聞けない様な音がし始めた。
その音の発信元を確かめるべく辺りを探索したら、明らかに場違いな黒光りする寿司やで
お馴染なアイツが無双乱舞していた。
で、その見つけた奴は信じがたいことに とても元気な特大のクロマグロだった。

すぐさま先生方に報告するとちょっとした会議の結果「皆で食べよう」と有難い言葉を宣った。
その日、村はちょっとしたお祭りになった。
何故森の中にマグロが居たのかは分からない。


これが俺の村に伝わる天の恵み事件の詳細です。
関連記事

☆このような記事もよく見られています☆ Powered By 画RSS






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コメント: 0

コメントフォーム
サイト管理者にのみ通知する

Home > 文章 > 俺が小さかった頃体験した実話です。

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。